習慣メイキング3 

favicon_source


こんばんはタケ2.3です。

COMゼミナールを受講して、月商150マンをまずは目指すマンのタケです。


新しく自分に何かを習慣として定着させるには、おおよそ30日間の期間が必要だそうです。

1・1~7日  反発期
2・8~21日  不安定期
3・22~30日 倦怠期

🐶🐱🐶🐱🐶🐱


1・反発期は1~7日目っで 挫折率が約42% 最も困難な期間だそうです。
 


①習慣は1つしか身に付かず、朝に早起きするという習慣は身についても、朝早く起きて+勉強するというと習慣を一足飛びに
身に付けるのが難しいそうです。「何かをしよう!!」と意気込んでしまって頑張ろうという無理をすると、挫折しやすいということなのでしょう。



②To Doも一つに絞る。新聞を読む。本を読む。といったことに絞ってしまう。新聞を読んで、気になった記事をまとめるといったように複数に渡ると継続がむつかしくなるということです。マルチタスクでは効率が悪くなるということです。


③ハードルは最低限まで下げて、5分間程度、その代わりに病気になろうがやらなければならないと決めてしまう。そして、タイマーでスタートと終わりを決めてしまう。「適当にやる」こと、「やり遂げなくてもいい」「完璧は目指さない」ということが重要で、不快に感じたことは人の頭が無意識に避けてしまうそうです。
→ これは、「ビジネスに活かす脳科学」という本でも書かれていたのですが、新しい行動を不快に感じてしまうことを防ぐために、毎日少しずつ、小さくてもいいので達成感という「快」を感じる快情動を与える仕組みを作ることが大切と書かれていました。


小さくても良いので、少しずつ達成感を感じるっていうのは、ボルダリングをやるようになって、つくづく感じています。

   ボルダリングがおススメな理由のブログ↓
190509_02.png



2・不安定期は8~21日目で挫折率40%  依然として挫折率は高く、急な予定や残業などで途切れてしまいがちな期間ということです。


①システム化すること、ルール化することで続ける仕組みを作ってしまうことが重要で、集中できないなら、時間ごとにカフェに場所を移したりすることも有効です。「何時から何時まで、どのカフェのどの席で、どのコーヒーを飲みながら、資料作りを何時まで」ぐらいに細かくすればするほど有効です。

②急な予定や不測の事態が起こった場合は、作業量と時間を減らして、反発期の③のようにベイビーステップに戻ることが続けるために必要なこと。何もやらなくなってしまっては、継続ができなくなります。






3・倦怠期の22~30日は挫折率18%かなり乗り越えてはきてますが、まだまだ油断できません。


①マンネリ化が大敵で、ここからは変化も重要。行動のタイミングは変えずに、内容や場所・やり方に変化を加えると〇


②次に習慣として身に付けたいものを考えておいて、難易度の低い順に決めておくのも良いと思います。



ここまできたら、自分で自分に変化を感じることもできるかもしれません。



やっぱり、多くの人は自分に高いハードルを課してしまって、結果継続できない。「やっぱり自分にはできなかった」という不快情動が残ってしまって、負の連鎖に陥ってしまうことが多いのではないでしょうか。本当に、まずは自分にとって不快でない、簡単なことをまずは続けて、心地よさや小さな達成感を持つことが重要だと思います。



IMG_8739.JPG



「ビジネスに活かす脳科学」が気になった方はこちら↓ めっちゃ読みやすい新書です。







読んでいただき、ありがとうございます。

ここをポチっとお願いします。↓   コメントいただけたらポチっと返します。
にほんブログ村 その他日記ブログ 挑戦・チャレンジへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事へのコメント